個人相談について(有料・予約制)

カテゴリー/ その他 |投稿者/ 日本ホメオパシーセンター岐阜福光東

慢性病(薬を飲んでもなかなか良くならない、体に居座った病気)でお悩みの方は、家庭用のキットでは十分な対応が出来ませんので、個人相談をお申込み下さい。

例:喘息、繰り返す中耳炎、アトピー性皮膚炎、アレルギー体質、発達の遅れ、ケガの後遺症、その他薬を飲み続けているが改善しない症状 などなど・・・。

 

申し込みにあたり、

1.ホメオパシーに関する本を何冊か読むか、DVDをご覧下さい。納得出来たら

2.家庭用のレメディーキットを購入(し、日常の軽いケガや風邪などに使ってみる)これは3.と前後しても構いません。好転反応への対処に必要になります。

3.個人相談の予約をして下さい。こちらから書類を送付し、そちらへ届くまでの時間と、書類に記入して頂く時間が要りますので、1週間程度の余裕をもって下さい。ギリギリのお申込みではご希望の日にちに添えない場合もございます。初心者向けのDVDは、個人相談にお申込みをされた方には無料でお貸ししております

*書類送付後にキャンセルの場合、予約日よりかなり前であっても、事務手数料として2000円をお支払い頂きますので、しっかりと決めてからお申込み下さい

4.予約日当日は、お送りした書類を封筒ごとお持ち下さい。相談後、レメディー適用書を受け取ります。当日にDVDの返却と相談料のお支払いをお願いします。

5.相談日から2週間以内に、レメディー販売店でレメディーを購入して下さい。(センターではレメディーの販売は致しておりません)

6.次の相談は、レメディーを全て飲み終わる前に予約を入れて下さい(およそ2-3か月後が目安です)

●相談日当日にお支払い頂く費用は、相談料のみです。レメディー代は購入時、販売店にお支払いください。目安として、約2か月分で5000円~8000円程度かかります。

 

<気に留めて頂きたいこと>

病気は時間を掛けて作られます。個人相談を1度受けてレメディーを飲んだからと言って、すぐさま良くなるわけではありません。体の解毒や、親から受け継いだ体質、考え方の傾向など、総合的に改善していくためには、ある程度の時間が必要です。そのために、7枚もの質問票を書いて頂き、1時間掛けて話を伺います。

そして、ホメオパス任せではなく、ご自身も治るために参加する気持ちを持って下さい。ホメオパスが何とかしてくれる、レメディーを飲みさえすれば何とかなる、という他力本願ではなく、

自分の病気は自分で治す(お子さんの病気の場合は親御さんも)

という意識をお持ち下さい。

 

今までは医者に診てもらって、言われた通り薬を飲み、症状を抑える、という受け身の態度の方がほとんどだと思いますが、ホメオパシーは従来の医療とはまるで異なった療法です。医療を替える、という事は、ある意味人生をも左右する出来事なので、

薬を使わないから良さそう♪

と雰囲気だけで飛びつくのではなく、まずは本を読むなり、DVDを読むなりなどして、ホメオパシーに関してある程度の知識を持った上で相談に来て頂きたいと思います。逆を言うと、あまりにも知識がなく理解力が低く、好転反応の度に大騒ぎして連絡をして来るような方は、以降の相談をお断りさせて頂きます。しっかりとやる気のある方と共にやって行きたいと思っておりますので、どうぞよろしく。

 

 

*尚、誠に恐れ入りますが、成人男性のご相談は、クライアント様のご紹介か、ご夫婦でのご相談に限らせて頂いておりますのでご了承下さい。

 

 

 

 

 

 

 

Top