代表者挨拶

日本ホメオパシーセンター岐阜福光東 代表 古田 陽子
日本ホメオパシーセンター岐阜福光東
代表 古田 陽子

私は元々看護師で、病院の治療こそがナンバーワン!病院以外の治療はサプリメントも含めてみんなインチキだ、と思って過ごしていました。
ただ次男が喘息と中耳炎になり、小児科や耳鼻科へいくら通っても良くならず、これは体質そのものを変えることをしなければダメだ、と気付き、様々な療法を試した結果、ホメオパシーに辿り着きました。

そして私自身もホメオパシーにより、産後頭痛持ちだったのが治ったこと、出掛けるとグッタリしてしまうことや、ひどい疲れ目が治り、更には、いつも不満ありきで生活していたのが、満ち足りた気持ちで毎日送れるようになったことは大きな収穫でした。

癒すのは体だけでなく、また、心だけでもない。
ただ気持ちいいとか、リラックス出来るとか、そういうことではなく、ガツンと体も心も健康になれる療法、それがホメオパシーです。

1人でも多くの方がこの恩恵を受けられますように願っております。

 

経歴

1965年
岐阜県美濃市に生まれる
1986年
岐阜大学医学部付属看護学校卒業 看護師国家試験合格
日本医科大学付属病院勤務
1988年
旧三菱銀行診療所・健康管理室勤務
1991年
検診、電話健康相談員、開業医などに勤務
1995年
長男出産
1997年
次男出産
1998年
次男の喘息始まる
2003年
ホメオパシーを知り相談を申込む
家庭用キットを揃える
※家庭用キット=ホメオパシーのレメディーの家庭用の36-40本のセット
2004年
RAH(ロイヤルアカデミーオブホメオパシー/ホメオパシーの学校)に入学
※RAHは現在CHhom(カリッジオブホメオパシー)となっています
2008年
RAH卒業。
試験に合格し、JPHMA認定ホメオパスとなる
先輩のやっていた日本ホメオパシーセンター岐阜日野に勤務
2014年
先輩県外へ引っ越しの為センター閉鎖
日野東に一時センターを開設
2015年
日本ホメオパシーセンター岐阜福光東開設
Top